×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 うえんで食堂 東北遠征第六弾 福島編U 其の壱拾四

←prev. home next→








手打中華そば \600



うえんで食堂
所在地:福島県会津若松市大戸町上三寄大豆田11 map
電話番号:0242-92-3253
営業時間:11:00-18:30 ※スープ無くなり次第終了
店休日:火曜日
駐車場:有
最寄駅:会津鉄道線 芦ノ牧温泉駅より徒歩3分220m
創  業:

<備忘録>
・(2013.10.**)
 もうこの地には二度と来ることはないだろう。そう思った所に限って二度三度。芦ノ牧温泉駅もそう思ったが、例に漏れず二回目。 その理由は芦ノ牧トライアングルと呼ばれる名店が三つあるからに他ならない。 その一つは既訪の「牛乳屋食堂」で、他二店はこちら「うえんで食堂」と「ばんげや」。 それにしても何ですか、この個性的というか奇妙な屋号は。 「うえんで食堂」←Wendy? んなわけないわな。「ばんげや」→何すか、このお化けみたいな名前は。 たちまち、その一つ「うえんで食堂」へ。

 こちらでも筆頭メニューでない「手打中華そば」を。 まずスープは「古川農園」に共通する「幸楽苑」テイスト。 一方、麺は「古川農園」とは異なる卵不使用と思しき小麦感の強いもので、 形状こそ異なれど「牛乳屋食堂」の手打ち麺を想起させられるもの。





 では次にこちら目指すも、この静寂感は…



 閉まっとるがな...orz 芦ノ牧温泉駅には三度目があるようだ。ちなみに「うえんで食堂」の店名由来は、「うえのだい」という地名が訛ったものだそうな。「ばんげや」は会津坂下町から由来しているのでしょう。 「坂下」は普通「さかした」って読むよな、みたいな。


←前へ ホームへ 次へ→