×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 無極 関東遠征第八弾 其の六

←prev. home next→








豚骨つけ麺 (麺少なめ) \800




つけ麺専門店 無極 HP
住所:東京都中野区丸山2-1-1 map
電話:03-3338-9998
営業時間:11:00-18:00 ※麺、スープ売り切れ次第終了
定休日:月曜日
駐車場:なし
最寄駅:西武新宿線 野方駅から374m
開店日:2010年8月10日

<忘備録>
・一回目(2010.12.**)
 「無鉄砲中野店」に行った以上は、こちらにも行かずにはいられない。 店に到着するや、行列はなくとも店内満席。外で寒い中しばし待ちます。 店の中に入れてくれよ〜とか思いつつも、店の中で待たれた日には、 食べている最中の人がプレッシャーで落ち着いて食べれないでしょう。 そういった配慮かどうかは知りませんが、そう待たずに入店着席。 取り敢えず注文した「豚骨つけ麺」は、「無心」に比べてつけ汁の色が濃く 、髄の旨みが濃厚。 その前に麺だけ齧ってみると、「無心」のそれよりもさらに太く、 ツルッとした舌触りにさらに強靭なコシが加わった感じ。 次に麺をつけ汁に浸して食べてみると、つけ汁は「無心」よりも骨髄の旨味が強くなっている分、 骨っぽさが減りゼラチン質優位な印象。 問題は、もの凄く冷されている麺が、つけ汁を急速に冷してしまい、気分も冷めてしまうこと。 一応、申告すればつけ汁を再加熱してもらえます。 熱いつけ汁に冷たい麺を浸して食べるという、本来矛盾する食べ物である"つけ麺"を食べておいて こういうのもなんですが、実は何気につけ汁と麺の温度のバランスって結構重要なのではと、今回思ってしまいました。 個人的にベストな状態は、つけ汁が麺に勝つくらいの温度差。過去に旨いと思ったつけ麺は、 大抵これに該当するように思います。最期の方につけ汁が冷めてくるのは、ある程度仕方ありませんが… あと、思いっきり個人的見解ですが、ここのつけ麺、世の中のニードとどこがズレているような…


←前へ ホームへ 次へ→