×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 喜多方老麺 まるや 2回目 福屋八丁堀本店物産展

←prev. home next→








ラーメン \700




喜多方老麺 まるや HP 老麺会HP
住所:福島県喜多方市字新道(寺南2628) map
電話:0241-22-0613
営業時間:10:30-15:00 17:00-19:00 ※土日祝日通し営業、スープなくなり次第終了
定休日:火曜(7月下旬〜8月中旬は無休)
駐車場:あり
最寄駅:JR磐越西線 喜多方駅
創  業:1954(昭和29)年

<忘備録>
・二回目(2010.02.07)
 福屋で喜多方ラーメンなう(違うか)。一昨年、昨年とほぼ毎年ペースで広島に来ている「まるや」。 取り敢えず、本場で喜多方ラーメンを経験して、少しは違った見方が出来やしないかと、改めて行ってみることに。 2年ぶりのラーメンにご対面して、「まるや」ってこんなに背脂浮いていたっけと。 やはり一昨年のものを見てみると背脂はごく微量で、 実際にスープをレンゲで啜ってみてもこってり感はなく、老舗にしては雑味の少ないすっきりとした琥珀色スープは、 豚骨+鶏がら出汁に、ほんのりと魚介系の風合いは、寒い時期に身も心も温まりそうなしみじみとした味わい。 麺は喜多方標準の太い平打ち麺ながら縮れてなく、曽我製麺とはまた異なる印象で、 ツルツルとしているがヤワめの茹で加減のため、ややダレ気味ながらも、香りが良いのであまり気にならなく、スープとの相性が抜群にいい。 やっぱ、喜多方ラーメンはいいねぇ。また行きたくなってきました。 取り敢えず、坂内食堂にはまだ行けてないので、喜多方ラーメンを本場で食べたとは言い切れないからね。



五十嵐製麺」の試食麺。家庭用にしては、結構クォリティ高い。

PS: 今は無き麺屋みのるは、どう考えても喜多方ラーメンではない。

個人的嗜好
※決して評価ではなく、馬鹿舌による嗜好であり、 あくまでもチラシの裏ですのであまり参考にされないようお願いします。 それでも参考にして行かれる方は自己責任で。もしくは私が思うより格段に旨く感じられる可能性もあります。

←前へ ホームへ 次へ→