×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 まる井 静岡遠征第一弾 其の六

←prev. home next→






つけ麺 \750



麺 まる井
所在地:静岡県駿東郡清水町的場83-10 map
電話番号:055-982-1661
営業時間:11:15-14:30 18:00-20:30
店休日:木曜日・日曜日
駐車場:有
最寄駅:伊豆箱根鉄道 大場駅より徒歩36分2.9km
創  業:2003年(三島市安久)、現在地移転2010年4月4日(日)

<備忘録>
・(2012.03.**)
 伊東市で「井門家」という家系の店からスタートし、その後「東池袋大勝軒」で修行して、 店名も変更しメニューも一新したという、この地域の人気行列店。 なんでもよりも古くから濃厚豚骨魚介つけ麺を提供しているとか… 行列による待ち時間を回避すべく、夕方開店一時間前からシャッター突撃。

 開店間際の時間帯、他の客が来る様子もなく、そのまま暖簾が掲げられ、自分のみの入店でなんだか拍子抜け。 その後2組4名ほどの常連と思しき後客が入るくらいで、その人達の話ではこんな日はたまたまだった様子。 さて、今回の遠征に於けるS級必須店の一つの位置づけにして、「六厘舎」よりも古くから 存在するという「つけ麺」のお味とは…

 まず麺。「大勝軒」ライクな太さ・形状のそれは、 噛んでみると意外に硬めな食感で、ソフト麺とは全く異なる今風のもの。 次につけ汁は、前情報から「べんてん」みたいな透明感あるものかと想像していたが 、ミルクコーヒーのような色を呈する乳化したスープに魚粉少々。 ただ、これがサラッとしていて、特に麺との絡みも今一つ。 出汁感・旨みもそれほど強いわけではない。

 取り敢えず、自分はこの地域の人ではないし、特にこの店に思い入れがあるわけでもなく、古くから通い続けてもいない。 また「六厘舎」よりも古くから云々はどうでもよいこと。 要は今の自分がどう感じるか。 正直な感想として、決して不味いというわけではないけれど、時代に取り残されたつけ麺と言わざるを得ない。


←前へ ホームへ 次へ→