×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 麻辣商人 流川店 2回目

←prev. home next→






もりそば(並) \800



麺専門 麻辣商人 総本店(流川店)
所在地:広島県広島市中区流川町7-2 map
電話番号:082-247-5583
営業時間:18:00-翌3:00
店休日:未定(日曜日の予定)
駐車場:無
最寄駅:広電本線 胡町電停より徒歩6分500m
開店日:2012年3月3日
備  考:前払い制

<備忘録>
・(2012.04.**)
 広島における「濃厚豚骨魚介つけ麺」と言えば、 「風雲丸」「ばり馬」 「志堂」「よろしく(東広島市:未訪)」「げんこつ屋」 「平の家」、他限定等諸々あれど、 「遊山」を超える後進が出て来ないのが現状。 その中でも次点くらいには挙げられそうだったのが「大芝店」時代の「もりそば」。 流川移転後、期間限定でリリースされるというので、早速再訪してみることに。

 たちまち、「浅草開化楼」の麺って こんなに褐色だったっけ? つけ汁は随分仕様変更されてますな。ベースは豚骨+αの骨粉で少々ザラザラ感があり、結構な粘度。 ここには魚介は(多分)含まれておらず、節系メインと思しき香油で補完。 ややぬるめではあっても、あまり気にならない。 ところで、これだけのスープを仕込もうと思ったら、店内に相当な臭いが充満する筈だが、それがしないのは何故? 別の場所で仕込んでるのか? あと、つけ汁に酸味がないので、麺に添えられているレモンを搾る。 実は今まで同様のケースでつけ汁側に投入していたわけだが、これを麺の方にかけてみたところ、 その方が断然いい。えっ? そんなの当たり前??? こりゃあ大変失礼致しました。


←前へ ホームへ 次へ→