×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 一幸舎 福屋八丁堀店物産展

←prev. home next→








ラーメン \700




博多 一幸舎 HP
住所:福岡県福岡市博多区博多駅前三丁目23-12 光和ビル map
電話:092-432-1190
営業時間:11:00-24:00 (日-21:00)
定休日:無休
駐車場:なし
最寄駅:JR博多駅
創  業:2004(平成16)年3月(大名店)

<忘備録>
・一回目(2010.03.11)
 本拠地福岡をはじめとする勢力的な店舗展開がため、資本系と勘違いされかねない一幸舎。 では"資本系"とは何ぞやと考えた場合、一幸舎は現在株式会社であるがため、ある意味"資本系"に当てはまるのかもしれませんが、 ことラーメン業界だけでなく、外食産業でいうそれはまた違うものと個人的に解釈しております。 まだオープンして間もなかった頃の元助の厨房に立たれていた吉村店主の動きは、職人そのものでした。 さて、その一幸舎が広島に来ているので早速。 同じく一幸舎出身の山形屋店主曰く、物産展では環境上、呼び戻しが困難なため、 それ風に工夫したスープ作りをしていたとのこと。果たして今回はどうなのでしょうか。 注文してから割かし早めに配膳された丼からは、鼻につーんとまでは来ませんが、結構な豚骨臭を放っております。 大名店で食べた時ほどのクリーミーさはないものの、 九州以外ではなかなかお目にかかれない骨っぽさは流石。 麺は「慶史」製の低加水の細平打ち麺で、カタメンコールしたそれは、程良いツルツル感・歯応え・小麦感。 ちなみに食べ進むにしたがって豚骨臭が弱まってきて、それがなんちゃって呼び戻しのギミック故なのかもしれません。 どんな手法であれ、これだけのクォリティであれば満足です。

個人的嗜好
※決して評価ではなく、馬鹿舌による嗜好であり、 あくまでもチラシの裏ですのであまり参考にされないようお願いします。 それでも参考にして行かれる方は自己責任で。もしくは私が思うより格段に旨く感じられる可能性もあります。

←前へ ホームへ 次へ→