×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 麺や白 天満屋福山店物産展

←prev. home next→






醤油ラーメン \800



麺や白 本店
所在地:北海道札幌市東区本町2条3-10-15 map
電話番号:011-784-4607
営業時間:11:00-翌3:00(LO2:45) ※日祝11:00-23:00
店休日:無休
駐車場:有(12台)
最寄駅:地下鉄東豊線 環状通東駅より徒歩15分1.2km
創  業:2009年4月4日

<忘備録>
・(2011.11.**)
 岡山からの帰路、天満屋福山店の催事へ。 取り敢えず聞いたこともない店。前の週、 次週には何という店が来るのか天満屋店員に訊ねてみると、「しろうだそうです」。 「四郎」? それは福岡か… 検索しても出て来ない。 その後その正体が「麺や白」であることが判明。 最近では少しひねくれて、北海道の店が来ても「味噌」ではなく「醤油」を注文するようになってしまった。 配膳されたそれを見て、うーむ「醤油」ラーメンと想像し難いビジュアル。 まあ仕方ない哉、「醤油」「塩」「味噌」ってのは、元ダレによる分類であり、 そこに「豚骨」「鶏白湯」「鶏清湯」「牛骨」などという出汁に起因する分類もあったり、 では大概の「豚骨」ラーメンの元ダレが醤油であるからと言って、 「豚骨」ラーメンが「醤油」ラーメンという括りに入れられるかというとこれがまた微妙であり、 「鶏白湯」をベースに「醤油」「塩」と表記する店もあるので、もうワケワカメ。 結局、「醤油」ラーメン=清湯スープという認識が根強く、 自分の中にもそれがあるのかなと。取り敢えず、屋号の意味がよ〜く判った瞬間でした。

 さて、背脂の浮くキメの細かい白湯スープなわけですが、一口啜って、ん? 最初に豚骨が来て、 次に鶏が押し寄せてくる。北海道の本土真逆九州にはない作り。 この手のキメ細かいスープは、疑いにかけられること多々かもしれませんが、 どっちにしろ旨ければ良し。どうであれ、北海道のラーメン奥深しです。


←前へ ホームへ 次へ→