×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 栄屋 本店 東北遠征第四弾 山形編 其の壱拾九

←prev. home next→






冷しらーめん \750



栄屋 本店 HP
所在地:山形県山形市本町2-3-21 map
電話番号:023-623-0766
営業時間:11:30-20:00(LO19:50) ※冬季-19:30(LO19:20)
店休日:水曜日(祝日営業翌日休)
駐車場:有(4台)
最寄駅:JR山形新幹線・山形線 山形駅より徒歩19分1.5km
創  業:1932(昭和7)年、「冷しらーめん」の提供は1951(昭和26)年より開始。

<忘備録>
・(2011.12.**)
 数ある山形県内のご当地ラーメンのうち、まだ「冷しラーメン」を食べていないので、 その元祖といわれるこちらへ。 しかしまぁ、蒸すといわれる猛暑の夏ならまだしも、これを真冬にも食べたいとは、 山形県民のクレージーさラーメン愛もただならぬもの。 流石は人口に対するラーメン店率と、ラーメンの消費量が全国一と言われる山形(注:その統計の真偽及び信頼性に関して、 当サイトでは一切責任を負いかねます)。 山形県内どこもそうですが、ここも大きめの丼にどっさりと。そしてアイスキューブが三つほど。 まずスープを啜ってみると、キンキンではなくそこそこ冷えたもので、 牛肉+鰹+昆布で取った出汁はどことなく「盛岡冷麺」を思わせるが、 こちらの方が和風でよりラーメンらしさがあると言えるかもしれません。 表層の油脂からは胡麻油(+白絞油)の香りが漂う。 麺は「水車生そば」みたいなプクーッとした中太麺で縮れはないものの、 冷水で〆られているので抜群の弾力感があり、全体的に迫力ある一杯に仕立てられている。 取り敢えず、これも食べておいてよかったなと。そして何より山形での食べ歩き、楽しすぎ。


←前へ ホームへ 次へ→