×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 満得

←prev. top next→


ラーメン \630(写真は唯一ネット上に掲載されているもの)


店舗風景


メニュー


満得 無化調店
住所:広島県広島市中区舟入幸町25-20 地図
電話:082-296-0523
営業時間:11:30-13:50 17:30-21:50
定休日:土曜、日曜、祝日
駐車場:なし
ラーメン \630
満得ラーメン(野菜入り) \680
ねぎラーメン \740
チャーシューメン \790
(ラーメンは大盛も並も同料金)

<忘備録>
・一回目(2008.1.16)
 遂にあの満得を訪ねた。道に少し迷ってしまったが、なんとか見つけることができた。 しかしあの周辺は路駐し放題だな…。店先が見る方角次第では営業していないかのように見えて、 肩透かしを喰らってしまったかと思ってしまった。 さて、問題の店に入ってみる。先客三名。清潔感ある店内だった。 店主は30代か?サービスは奥様らしき女性が行っている。 カウンターに坐り、取り敢えずラーメンを注文してみる。 途中、大盛も並と同料金であることを思い出し、変更を申し出てみる。 サービスの女性がカウンター越しに可能かどうか様子を窺っている。 多分、その時点では先客のチャーハンを中華鍋でシャカシャカと手際良く捌いている音がしていたので、 大丈夫だろうとは思った。なんかこういう音をラーメン屋で聞くのも久しぶりだ。 さて、そろそろ自分が注文したラーメンが作られているようだ。 店主は黙々と作っている。カウンター越しに店主の仕事っ振りを見てみると、 平らな網で麺をあげているではないか。これも物凄く久し振りに見た光景だ。 最近のほとんどのラーメン屋ではデポざるで茹でている。 こんな本来のスタイルを見られるとは。平らな網と深い網。このどちらの方が技術が要るか、 どちらの方が麺が引っ付いたり固まったりするかしないかは言うまでもないだろう。 なるほど、こんなところにも職人魂が息づいている。 さほど待たされることなくラーメンが届けられてくる。 大盛だから少し大きめの丼のようだ。丼の縁の釉薬も磨り減っている。 スープは薄っすら茶色いマー油に焦がしニンニクチップが数個。その下には白濁した豚骨スープ。 具は細ねぎのみじん切りにもやしと叉焼二枚。 先日食べた「みかちゃん」と同じ風貌。 レンゲで早速スープを啜ってみると、みかちゃんとほぼ同じ味だ。 麺も自家製の細麺。マー油とスープと麺を絡めながら食べると美味しい。 しかし残念ながら、自分には熊本ラーメンの良さが解らないのかもしれない。 何故なら、ここは自分にとっての広島のラーメン店ベスト3にはならないからだ。 やはりみかちゃん同様、最後の方では味に飽きてくる。 みかちゃんの方に無かった「激辛の素」なるトッピング用の赤唐辛子ペーストを試しに入れてみる。 これも入れすぎたのか、ただ辛いだけでスープ本来の味が分からなくなってしまった。 これは入れないが吉。もしくはもっと少量の方が良いのかもしれない。 さて、帰り道に数回ゲップが出てきたが、なんとも良い香りのゲップだった。 また機会があったら訪れてみるとしよう。今回見えなかった何かが見えるかもしれない。
個人的評価:★★★☆


←前へ トップへ 次へ→