×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 川内屋 四国遠征第12弾 香川編X 其の参

←prev. home next→








ラーメン 小 \300



川内屋
所在地:香川県木田郡三木町池戸2907-1 map
電話番号:087-898-8552
営業時間:11:00-14:00
店休日:日曜日・祝日
駐車場:有
最寄駅:琴電長尾線 農学部前駅より徒歩5分400m
開店日:2009年

<備忘録>
・(2013.08.**)
 前回遠征時に「隠れ家」の後に予定していたお店へ。「欽山」の後、ひたすらレンタサイクルをこぐこと10km以上。 それにしても高松市内の主幹道路の交差点では、横断歩道の代わりに地下道を設けてあるところが多く、これってチャリだと結構大変 。ラヲタの勘でなんなく辿り着けたが、「中華そば」の標識がなければ通り過ぎていたかも。

 元々うどん店だったところをラーメン店としてリニューアル。以前は「中華そば」の看板すらなかったという、正に西の「隠れ家」、東の「川内屋」みたいな 。ラーメン店歴はそれほど長くないが、うどん店時代も含めると結構経過しているのか、店内は新しい感じではなく小汚い雑然としている。 元うどん店だけあってセルフ&前払い式。

 「ラーメン小」を注文。トッピングは別皿で、チャーシュー、わかめ、メンマ。青葱はセルフの分。セルフトッピング類は他には胡椒、フライドガーリックなどで、2杯以上かけると1杯につき料金50円加算だそうな。 さてそのお味は、全くもって期待していなかったのだが、ややタレ勝ち気味ではありながらいりこ出汁がふんわりと心地良く、結構イケる。 その後、ホタテを加えて更に旨くなっているとか。麺は一見凡庸タイプながら、なかなか旨みの強い中細麺で、自家製らしい。 総じて、古典的な味かなと思うが、なかなか個性的で面白いお店。


←前へ ホームへ 次へ→