×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 欽山 四国遠征第12弾 香川編X 其の弐

←prev. home next→



 今回の宿題筆頭店。一年前に訪問した時(金曜夜)は、夜営業しばらく休止の旨の張り紙にて残念。 その後、「食べログ」では昼+夜営業、一方「e-Komachi」では昼営業のみと掲載されていて、どちらが正しいのであろうかと。 本来土曜日は夜営業のみであるため、昼のみとなると土日祝定休とハードルが高くなるわけで、今回はそれ対策に平日代休を取っての遠征。



 これで臨時休業だと非常に痛いわけだが、店舗前に到着するや開いていて一安心。



 電光ポップには夜営業を表示されていて拍子抜け。わざわざ平日昼に来ることもなかったのかなと。これなら夜にも再度行って、全部で4種類くらい食べようかとか。






中華そば \680




鶏そば \730



中華そば 欽山
所在地:香川県高松市瓦町1-11-17 クインズスクエア第2ビル1階 map
電話番号:087-862-1775
営業時間:11:00-14:00
店休日:土曜日、日曜日、祝日
駐車場:無
最寄駅
・琴電琴平線・志度線・長尾線 瓦町駅より徒歩5分350m
・JR予讃線・高徳線 高松駅より徒歩18分1.4km
創  業:2011年9月25日

<備忘録>
・(2013.08.**)
 まずは「中華そば」から。おそらくこだわっているであろう醤油とすっきりした丸鶏タイプの清湯出汁に、魚介・昆布・椎茸が加わっていると思しき味は、正に首都圏志向。 それもよくある地方でちょっと背伸びしてみました的なものではなく、ハイセンスでかなりの完成度。 全粒粉入りの麺を見ると、無条件かつ脊髄反射的に旨いと思ってしまうような気がしないでもないが、この麺もやはり旨い(笑)。

 次に「鶏そば」を連食。サラッとした鶏白湯ベースに節系主体の魚介がキレを加えているような味。 やや物足りなさは残るが、これもなかなか頑張っているかなと。麺は「中華そば」のものと同じ。

 昨年来の宿題を済ませられたことと、特に「中華そば」に満足してお会計。この時に営業時間のことを尋ねてみると、 やはり夜営業はしていないとのこと。但し、これは2013年8月末時点の話。興味ある方は、電話確認されることをお勧めします。


←前へ ホームへ 次へ→