×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  魁龍本店 福屋広島駅前店物産展

←prev. home next→





ラーメン \640 (10/22)





ラーメン \640 (10/23)


ラーメン \640 (10/24)


ラーメン \640 (10/25)

魁龍小倉本店 HP
住所:〒802-0072 福岡県北九州市小倉北区東篠崎2丁目1番6号 map
電話:093-922-6666
営業時間:11:00-23:00(日・祝21:00まで)
定休日:第一火曜日
駐車場:あり
最寄駅:北九州モノレール 片野駅
創  業:平成4年4月

<忘備録>
・一回目(2009.10.22)
 福屋広島駅前店にて開催中の「東西味くらべ大会(10/22-27)」に…

魁龍がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

てな訳で、早速行ってきますた。あまり知れていないのか、ガラガラ。 運ばれてきた丼から、おおよそ広島には存在しないような強烈な呼び戻し臭を放っております(実際には、呉市に若干ながら存在してますけどね)。 早速、レンゲでスープを啜ってみると、表層の方は以外にサラッとしてはいますが、 やはり強力な呼び戻し風味は、正に魁龍ならでは。 食べ進めるうちに少しだけトロみと骨っぽさが増してきますが、魁龍特有のザラザラ感まではない。 いずれにしても、調理環境に制限のある物産展で、これだけの出来であれば十分に満足なレベル。 店自体でライト路線を堂々と売りにしている八幡西店や、 ブレの範疇なのな不明な魚町店よりは、遥かに濃厚で骨っぽいドとんこつでした。 果たして、これが広島市民にどれだけ受け入れられるのでしょうか。

・二回目(2009.10.23)
 二日連続で福屋広島駅前店の魁龍へ。前日とほぼ同じ印象。 しかし、この強烈な発酵系の呼び戻し臭は、悪い表現をすると足の裏のにほひ。 大体、足の裏の臭い自体、汗が酸欠状態の靴の中で発酵したものでありますが… 要は、同じく発酵系のチーズや納豆を受け付けられるか否かではないかと。 それでも、スウェーデン産のシュールストロミングに比べれば可愛い方かと。

・三回目(2009.10.24)
 三日連続魁龍。もうアボガト(AA略)。今回は「スープ濃いめ」コールを試みてみることに。 寸胴の底から骨粉を多めに掬い上げるようにと。そうしたら、厨房から魁龍の店員が出てきて、 徹底的に寸胴でかき回してからスープを出しているため、濃くならないと。 また本店に比べると、ややライトに調整しているので、やや物足りないかもしれないとのこと。 取り敢えず、出来る範囲で濃くしてみてくださいと、お願いしてみた。 その甲斐あってか、前日・前々日よりは幾分濃厚になった印象も、やはり食べていてザラザラするまでには至らなかった。 それにしても、三日間とも殆どブレなく提供している点は特筆すべき。

・四回目(2009.10.25)
 四日連続って、おまえ馬鹿じゃねぇの? はい、馬鹿です(笑)。好きなんだから仕方がない。 ましてやこれほどの豚骨ラーメンは、広島県内どころか中国地方でも食することは不可能ですから。 今回も「スープ濃いめ」に加えてメンカタでオーダー。 もう少しで、歯の切縁間・咬頭間でザラザラ、ギシギシ、ガリガリ来そうな寸前の濃厚さ。 微妙な差ながら、この四日間の中で最も良かった出来かも。 こと久留米系で言うと、濃厚さに限れば西谷家みたいな上級クラスがありますが、 ワイルドな呼び戻し風味、物足りなさのない濃厚さながら、食後に胸焼けすることなく完食完飲できるバランス感覚。 これこそ魁龍の魅力なのではないでしょうか(西谷家は完飲なんて無理ですから…)。

個人的嗜好
一回目・二回目:
三回目・四回目:
※決して評価ではなく、馬鹿舌による嗜好であり、 あくまでもチラシの裏ですのであまり参考にされないようお願いします。 それでも参考にして行かれる方は自己責任で。もしくは私が思うより格段に旨く感じられる可能性もあります。

←前へ ホームへ 次へ→