×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 魁龍

←prev. top next→





魁龍ラーメン \730


丼の底に豚骨の粒子が沈殿している

魁龍小倉本店 HP
住所:〒802-0072 福岡県北九州市小倉北区東篠崎2丁目1番6号 地図
電話:093-922-6666
営業時間:11:00-23:00(日・祝21:00まで)
定休日:第一火曜日
駐車場:あり
魁龍博多店
住所:〒816-0092 福岡県福岡市博多区東那珂2丁目4番31号 地図
電話:092-483-4800
営業時間:11:00-23:00(日・祝21:00まで)
定休日:年中無休
駐車場:あり

・一回目(2008.2.11)
 福岡遠征第一弾其の四。ついに来てしまいました。 「ドとんこつ」で名高い魁龍の小倉本店へ。 博多から小倉まで快速電車で飛ばし、小倉駅から北九州モノレールに乗り換えて、 片野駅で下車。駅すぐ南の東西に走る道路を西へ進む。 こんな頼りない記憶を辿りながら道を進むが、すぐには店が見えてこない。 もしや降りた駅を間違えてはいないか?と。そんな不安を抱きつつ道をさらに進むと、 なんなく魁龍本店が現れる。ほっと胸を撫で下ろし店に入ってみると、 やはりここもスープが「呼び戻し製法」なため、物凄い豚骨臭が立ち込める。 この店に辿り着いたのは夕方だったが、先客が5〜6名は居た。 店先にベンチが置いてあるところを見ると、昼時には行列になるのかもしれない。 予定通り「魁龍ラーメン」を注文する。 待つこと数分でラーメンが来る。早速レンゲでスープを啜ってみると、ここは大砲とは違い、 スープにもほのかに豚骨臭が漂う。また特徴的だったのは、明らかな骨髄の香りがする。 舌触りもなんだかざらざらする。きっとこれは骨髄の海綿骨が煮立てられて砕けたものだろう。 とにかく、このスープは凄い。ドロドロしてはいないが、物凄い豚骨濃度。 自分の知る限りでは、これぞ正にキング・オブ・九州ラーメンと言っても過言ではないと思う。 具は薄めのチャーシュー4枚、ワンタン2個、細めのメンマに青葱。 正直なところ、ワンタンがスープに負けているのと、茹で過ぎ。 チャーシューはもう少し厚めで醤油の味が染みたパンチのあるものだと有難い。 麺は極細でない細めのやや加水高めのストレート麺。きっとこれがベストマッチだろう。 この日の最後と言うことも後押しし、スープを最後まで飽きることなく飲んでしまった。 丼の底には砕けた豚骨の粉が沈殿しているではないか。 帰り道には、少々のこってりでは胃がもたれることのない自分でも、胃がもたれてきた。 そんな究極の一杯でした。次回は、博多にもあるので、是非ともそちらを試したい。
個人的評価:★★★★☆


←前へ トップへ 次へ→