×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 山形屋 山口遠征第6弾 其の弐

←prev. home next→





鶏がらあっさり煮干しラーメン \600




西洋酒場 山形屋
住所:山口県山口市湯田温泉1-1-40 map
電話:083-923-9111
営業時間:11:30-15:00 18:00-24:00 ※夜はラーメンのみの注文不可
定休日:月曜日
駐車場:あり
最寄駅:JR山口線 湯田温泉駅
創  業:

<忘備録>
・一回目(2010.01.30)
 今回どうしても行きたかった店だが、出足が悪かったり途中渋滞に巻き込まれたりで、到着したのが昼の部終了間際。 しかし店内に入ってみると、女将(店主の母親?)に「もう終わったんですけど〜」と"死の宣告"。 そこで切り札の『遠隔地カード』を使用。そしたらなんとか一杯作ってくれることに(これは材料切れには無効)。 この日は、煮干しラーメンの方を食べるつもりだったのでそれを注文。この日は豚骨の方も提供していたが、スープが切れたとのこと。 煮干しラーメンのお味の方は、すっきりとした鶏がらベースと煮干し出汁のスープは、雑味なくクリアな味わいで、丁寧に作られているのが分かります。 多加水のツルツルモチモチした麺との相性も抜群で、一気に完食完飲。無理言って作っていただいたことに感謝の意を表して一旦退店。 入口の所で、とある男性とすれ違う。車に戻り、次の目的地をナビにセットしていたら、先程の人が車に向かってくる。 その男性曰く「豚骨まだありますよ」と。急いで再び店内へ。どうやらその人こそ一幸舎で修行した店主であり、 煮干しラーメンを作ってくれたのは、その弟さんらしい。 ほどなく豚骨ラーメンの方が完成・到着。


博多風豚骨ラーメン \600




早速、レンゲでスープを啜ってみると、臭みこそないが芳醇な豚骨の香りの漂うフレッシュな味わい。 フレッシュスープでありながら、旨味がギュッと凝縮されておりトロミも加わって、物足りなさなどありません。正直、これかなり旨いです。 麺は慶史製の細平打ち麺なのは一幸舎と同じですが、ちょいとヤワめなのでカタメンコール必須かも。 取り敢えず、煮干しラーメンだけのつもりが、予定外の豚骨ラーメンまで食べることが出来て、もう満足。 もう少し食べまわろうかと考えていたけど、それら全てキャンセルして帰ることにしました。 何はともあれ、営業時間を越えていながらわざわざ食べさせていただいて、感謝感謝です。

個人的嗜好
・鶏がらあっさり煮干しラーメン:
・博多風豚骨ラーメン:
※決して評価ではなく、馬鹿舌による嗜好であり、 あくまでもチラシの裏ですのであまり参考にされないようお願いします。 それでも参考にして行かれる方は自己責任で。もしくは私が思うより格段に旨く感じられる可能性もあります。

←前へ ホームへ 次へ→