×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 山嵐 福屋広島駅前店物産展

←prev. home next→





白スープ \800







山嵐 HP
住所:北海道札幌市豊平区平岸一条9-6-1 map
電話:011-815-3030
営業時間:11:30-15:00 17:00-22:00(スープ無くなり次第終了)
定休日:月曜日
駐車場:有
最寄駅:札幌市営地下鉄南北線平岸駅下車、徒歩10分466m
創  業:2005年10月1日、2008年3月札幌市豊平区平岸一条9-4より移転

<忘備録>
・一回目(2011.04.**)
 つい最近知った現地では結構有名らしく、 札幌=味噌という私的偏見を壊してくれそうな、「豚骨背脂」「こっさり」を標榜としている札幌の店。 ところで「背脂」って時として食べる前に構えてしまうんですよね。 良く言えば、こってり感を容易く補完できる便利アイテム。悪く言えば単なるズル。 下手すれば、単に味を薄めてしまいかねない。 或いはベースのスープが駄目だとどうにもならない。 勿論のこと、「ふじ☆もと」系や「尾道ラーメン」みたいに上手に活用している店も多々あります。 即ち、諸刃の剣。

 長い前置きはともかく、半分懐疑的、半分期待して行ってみることに。 今回の催事での提供メニューは、「白スープ」と一日100杯限定の「味噌ラーメン」のみ。 仕事終了後の夕方なので、当然後者は残っているはずもなく、選択肢は前者のみ。 待つことしばらく、配膳されたそれは、スープ表面が背脂とそこから溶け出した油脂層がびっしり。 そのお味は… 背脂を避けつつ吟味してみると、豚骨スープとしてはかなり軽めの:粘度、しかし旨みは結構強め。 そこに加わる背脂によってこってり感を補完しているとはいえ、これが非常に良い相乗効果を生み出しています。 背脂を上手に活用しているとしか言いようがないくらいに。 麺がこれまた良い仕事していて、「森住製麺」や「西山製麺」とはタイプの異なる、 それらの麺に比較すると加水率低めのもっちりとした太いストレート丸麺で、香りが:非常に良くスープとの相性抜群で、 むしろスープを引き立てている印象。 さらに特筆すべきは、東京の"背脂チャッチャ"系が、良く言えば(?)ワイルド、悪く言えば下品なのに対し、 こちらはなんとも上品、気品すら感じるという。


←前へ ホームへ 次へ→