×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 太華園 

←prev. home next→






中華そば \550



太華園
所在地:広島県竹原市中央5丁目9-39 map
電話番号:0846-22-8577
営業時間:11:00-20:00 (麺切れ次第閉店)
店休日:木曜日
駐車場:有
最寄駅:JR呉線 竹原駅より徒歩9分750m
創  業:1983年5月20日

<備忘録>
・(2012.09.**)
 恐れ多いくらい偉大なお方から某所にて、以前より一度行ってみたいと思っていた 横浜市戸塚区の「麺や太華」とこの店との比較検証リクエスト。 久方振りなので、味の記憶も曖昧。 この際というか今回の竹原市の食べ歩きの動機として、シャッター訪問にて再訪。

 いくら人気店と言えども、関東のそれとは違い、シャッターすれば余裕。 前回食した「チャーシュー麺」との比較検証を含めて、デフォの「中華そば」を注文。 配膳されたそれは、葱が少ない、背脂も少なめ、チャーシューは「朱華園」系の大判ながらパサッとタイプかなという、 今一つ冴えない・華のないビジュアル。 まずはレンゲでスープを一啜り。「朱華楼」タイプの熟成した醤油ダレ。 出汁感はまずまず、背脂が意外に重くない。 次に自家製という平打ち麺を引っ張り出してみると、これは「朱華」系の良ければ濃厚・稠密タイプ、 悪ければ「どん兵衛」みたいなものとは異なり、「はせべ製麺」に近い軽快な食感。 さらに付け加えるとネ申レベルなのが、葱の効用 。“薬味”と称されるように、その中和作用が存在意義なのでしょう。 葱も多くなる「チャーシュー麺」では更に軽快な分、出汁感やタレの熟成感をスポイルしているような。 それでも“葱増し”が欲しかったり、「山長」や「麺や太華」のあの葱の多さを体感してみたいと思ったり。 総じて、鈍重なイメージの「尾道ラーメン」にして、絶妙な軽快さとキレのある一杯。やっぱ旨いわ。


←前へ ホームへ 次へ→