×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 三九 九州横断ツアー第二弾其の壱拾六

←prev. home next→








ラーメン \550




三九
住所:佐賀県佐賀市中ノ小路4-24 map
電話:0952-23-5840
営業時間:11:30-22:00
定休日:なし
駐車場:あり
最寄駅:JR長崎本線 佐賀駅
創  業:1947年(昭和22年)

<忘備録>
・一回目(2009.10.11)

    創業者:杉野勝見(昭和22年:久留米市にて開業)
.             |
           <昭和25年:譲渡>
  ┌――――――┴―――――――┐
四ケ所日出光             杉野昌俊
  ├佐賀市に移転                |
「三九支店」               「三九軒」
(昭和26年:玉名駅前に開業) (昭和30年:佐賀市松原に開業)
  |                       └平成15年ご子息北方町に移転→廃業
  ├――――――┬―――――――――┬――――――――┐
「松葉軒」木村一  「こむらさき」山中安敏 「桂花」久富サツキ 「天琴」中村敏郎
昭和28年(1953)    昭和29年10月(1954)  昭和30年6月(1955) 昭和32年(1957)
                              |                |
                             「味千」重光(劉)孝治 |
.                                   ┌――――┼―――――┐
                               「天琴」山鹿 「天琴」菊池 「天琴」人吉
                                       (現在廃業)

 系譜をまとめてみると、こんな感じらしい(※以上、敬省略)。たまたま豚骨を煮出していたところ、 誤って沸騰させた結果、白濁したスープを発明したとも云われている、九州豚骨の源流の店とのこと。 現在のスープは、ライト且つレトロな豚骨スープながらも、以外にしっかりした出汁感があり、 驚いたのが麺で、なんと中細平打ち麺。長谷川製麺(尾道)みたいな表面に透明感のある、 つるっとしたものとは異なり、完全に不透明でややざらつき感のあるような食感。 トッピングの赤い物体は紅生姜ではなく、なんとメンマだったりする。

個人的嗜好
※決して評価ではなく、馬鹿舌による嗜好であり、 あくまでもチラシの裏ですのであまり参考にされないようお願いします。 それでも参考にして行かれる方は自己責任で。もしくは私が思うより格段に旨く感じられる可能性もあります。

←前へ ホームへ 次へ→