×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 長尾中華そば (福屋広島駅前店物産展)

←prev. home next→





あっこく麺 \780





こく煮干し \850




長尾中華そば HP サンロード店 浜田店 Blog

<忘備録>
・一回目(2011.03.**)
 滅多に来ることはないであろう、本物の津軽ラーメンが広島に来るからには行くっきゃない。 折りしもの悲劇が我が国を襲ったこの時期に、遥々青森から来てくれたことは非常に有り難い。 今回の催事では「あっさり」「あっこく麺」「こく煮干し」の三品が提供され、 「あっこく麺」は「あっさり」「こく煮干し」のブレンドスープらしい。 今更ながら、「あっさり」と「こく煮干し」を注文すれば良かったかなと思うが、 何を血迷ったか「あっこく麺」と「こく煮干し」を実食。 実質的には背脂の多寡の差かなという印象。 本物の津軽ラーメンと、東京ラーメンないし東京の津軽インスパイアの違いは、 実食経験から全てとは言えませんが、煮干しの量とその扱いが根本的に違うような… 私が思うに、津軽ラーメンの方が動物系控えめ、煮干し量多目、エグミ控えめ、煮干しのキレを強調。 そして、津軽特有の無かんすいな細うどんみたいな麺は、ツルツルッとしてビヨ〜ンと伸びやかな食感。 どこかである意味勝手に定義づけられているラーメンの麺とは、かんすい使用が絶対条件であり、 そうなると津軽ラーメンの無かんすい麺を使用しているものはラーメンではないことになる。 確かに「中華そば」「ラーメン」と銘打ちながら、どちらかと言うと「うどん」寄りなものも実在しますが、 「長尾中華そば」は明らかな「中華そば」「ラーメン」の食感だと思います。


←前へ ホームへ 次へ→