×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 麺屋 もと 東北遠征第三弾 秋田編 其の弐拾二

←prev. home next→








醤油(並) \600




麺屋 もと
所在地:秋田県能代市字高塙213-3 map
電話番号:0185-54-8025
営業時間:11:00-15:00
店休日:月曜日(祝日の場合営業、翌休)
駐車場:あり
最寄駅:JR奥羽本線・五能線 東能代駅より徒歩23分1.9q
創  業:2004年春

<忘備録>
・(2011.09.**)
 今回の遠征における個人的S級必須店はたったの三軒も、それだけあれば十分か。 この店で言えば、S'くらいの位置づけでしたが…

 前情報としては、能代市を代表する某有名店をリスペクトしつつ、 独自に研究を重ね、無化調・自家製麺のラーメンを提供するという。 その某有名店は未食、しかもこの日開いていないので、比較としては何とも言えず。 個人的S級必須店の一つだったりしますが…

 取り敢えず、「醤油」を注文。うーむ、某有名店同様レモンがトッピングされている… 早速レンゲでスープを啜ってみると…

 悶絶級にウマー!!!!

 比内地鶏を出汁にしているという(後情報)動物ベースに、重層型の魚介フレーバーは首都圏志向と思ってしまうのは、ヲタ的思考か 。スープ表面に浮かぶ細かい粒子は一見背脂かと思いきやナッツや胡麻のようで、 これが何とも言えないまろやかさを醸し出している。そしてひとかけらのレモンがキレと爽快感を演出するという。 あまりもの旨さに、麺がどんなものだったか憶えていないほどスルスルと完食。 これならきっと「塩」も旨いに違いない。追加注文しようかと思ったけれど、かなり混んでいたので止めておきましたが、 今でも食べておけば良かったかなと後悔するほど。

 取り敢えず、例の某有名店は次の日に行く予定。但し、臨休とかでフラれなければの話ですが。 なんと言っても、その店ともう一軒が残りのS級必須店で、当遠征のクライマックス。 果たして無事にありつけることが出来るのでしょうか…

PS: こちらの店主の父親は、なんでも「名物お父さん」らしく、非常に心温かい良い人でした 。シャッターすると遭遇出来るかも。やっぱ秋田ってディープやね。


←前へ ホームへ 次へ→