×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 麺人 佐藤 鹿児島遠征第一弾 其の壱拾一

←prev. home next→











鶏白湯醤油らー麺 \650




麺人 佐藤 (めんびと さとう)
住所:鹿児島県鹿児島市宇宿町2035-1 map
電話:099-298-5310
営業時間:11:30-15:00 18:00-21:00(売り切れ終い)
定休日:火曜日
駐車場:あり
最寄駅:
創  業:2010年04月6日

<忘備録>
・一回目(2011.03.**)
 「バガボンド」に続いて、同じく「武蔵」出身店であるこちらへ。 鹿児島市中心部から離れた郊外の住宅地に位置し、周辺にライバル店が少なそうなことも手伝ってか、 創業早々から行列が出来たりとか、この日もひっきりなしに客が押し寄せるような盛況ぶり。 こちらの店主は「みそや・堂 天文館店」にて修行後、「麺屋武蔵 虎洞」にて修行した後、この店をオープンしたとのこと。 さて、"こってり系"である「鶏白湯」と、"あっさり系"の「鯛アラだし」の二本立て。 遠征計画中は後者を食べる気満々だったが、何を血迷ったか前者を選択 。"鶏白湯"というと、数々のその名店との比較となれば、やや軽めでぼやけた印象。 そして「武蔵」の影響もスープからは特に感じられない。 どちらかと言うと鹿児島ラーメンを意識した作りのようであり、 形状は異なれどキャベツと焦がし葱のトッピングなどは正にそれを物語っているよう。 そう考えればニューウェーブで洗練された鹿児島ラーメンと言えるかもしれない。 「バガボンド」と同じく自家製麺という麺は、 軽くウェーヴしているモッチリとした中太卵麺であり、これは微妙に「武蔵」の影響というか、関東志向かな。 そう言えば、湯切りパフォーマンスに「武蔵」の影響が出ていたっけ。


←前へ ホームへ 次へ→