×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 そばの店 ひらま 東北遠征第四弾 ○○編 其の壱

←prev. home next→


 んで、例によってバシルーラ。 どこやねん、ここ? なんてとぼけても米沢とか表記されている時点でバレバレか…


 と言うか、これってラーメン食べ歩きなんぞやってる場合じゃないだろ(汗)


 うーむ… 冬の東北をなめていた。しかし、せっかくここまで来た以上は腹を据えて…


 足場の悪い田んぼ道を進めてなんとか到着は一軒目。




中華そば \550



そばの店 ひらま
所在地: 山形県米沢市大字浅川1314-16 map
電話番号:0238-37-2083
営業時間:11:20-16:00(売り切れ終了)
店休日:水曜日
駐車場:あり(20台)
最寄駅:JR山形線 置賜駅より徒歩16分1.3km
創  業:1972(昭和47)年、平間製麺1962(昭和37)年

<忘備録>
・(2011.12.**)
 どうしても昨年中に行っておきたかった山形は、まず置賜地区。 自分の知る限り八種類くらいある山形県内のご当地ラーメンの内の一つ、「米沢ラーメン」から。 わたくしも勉強不足のため、あまり詳しくはありませんが、どうやらこの店は代表格の一つで、 米沢市周辺に卸している製麺所でもあったりする店。 たちまち「中華そば」を注文。 待つことしばし配膳されたそれは、スープが黄金色に澄んでおり、 そのお味は醤油+みりんでほんのりと甘めに味付けられ、出汁は豚骨+鶏がら主体で煮干しは下支え程度。 麺は製麺機の切り刃を通す時点で、麺帯自身の弾力により縮れが発生するという、「十文字ラーメン」みたいな 細縮れ麺ではありながら、モッチリとしながら跳ね返すような歯応えを有し、口の中でピチピチ跳ねるような旨い麺。 これもまた『癒し系』なラーメンです。


←前へ ホームへ 次へ→