×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 信濃屋 帰省シリーズ(9) 其の壱拾伍

←prev. home next→






支那そば \880



信濃屋
所在地:岐阜県多治見市上野町3-46 map
電話番号:0572-22-1984
営業時間:11:30-売切れ次第終了
店休日:日曜日・月曜日・火曜日
駐車場:有(13台)
最寄駅:JR中央本線 多治見駅より徒歩9分750m
創  業:1933(昭和8)年名古屋市。1948(昭和23)年現在地移転

<備忘録>
・(2012.12.**)
 勝手に『絶滅危惧店』認定したくなる営業時間・定休日・店構え等々。と言う訳で、念願のこちらへ。 見ようによってはボサ店・キタナシュランなのかもしれませんが、年季は入っていても結構清潔感あるので、 個人的にはその範疇外。 ここでは「ころかけ」との連食でなければ『未食扱い』みたいですが、 そんな胃袋の余裕があれば別店でもう一杯ラーメンを食べたいので、 『未食扱い』になろうともスルーして「支那そば」のみを注文。

 注文から配膳までの時間が博多のラーメン店並みに速い。 値段の割りに量が少ない。麺を食べる前に汁を味見。 正に東海地区らしい甘辛い濃い口醤油ダレに、出汁は鰹ベース。 個性的過ぎる麺は見かけこそ「きしめん」なれど、 食感は全く異なる伸張性無けれど稠密感ある独特な平打ち麺。 「きしめん」というよりは、どちらかというと「タリアテッレ」みたいな。

 『絶滅危惧店』の件。店主はそれほど高齢ではなし。 定休日に関しては仕込み上の関係のため。 まだまだ廃業の心配は無用のようです。






←前へ ホームへ 次へ→