×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 待鳥 岡山遠征第九弾其の参

←prev. home next→





冷し中華そば \500

待鳥
住所:岡山県小田郡矢掛町矢掛3089 map
電話:0866-82-0205
営業時間:11:30-13:30 17:00-23:00
定休日:日曜日
駐車場:なし
最寄駅:井原鉄道井原線 矢掛駅

<忘備録>
・一回目(2009.08.22)
 矢掛町の冷し麺三軒目は、本来寿司割烹店であるこちらへ。 同じ矢掛にて10年ほど前まで存在していたという「暫」で出されていた「冷やし中華そば」を再現すべく始めたという辺り、 なんとなく笠岡の某旅館にスタンスが似てますね。 奇しくも揃って基本は和食だったりとか。 さて、あらかじめ申し上げておくと、"旨いもの"はビジュアルから良い。 そして上の絵を見ての通り、写真うつりも良い。 具体的なその内訳は、冷蔵庫でよく冷やされた非動物系の鰹+いりこ+昆布の出汁スープに、 茹でた後に冷水できっちり〆られた歯応え抜群の中細卵麺。 具は胡瓜・細切りハム・固茹で玉子・トマトスライス・おろし山葵。 その澄み切った脂が一切浮かない上品なスープと卵麺の組み合わせは、あたかも冷製茶碗蒸し。 うだるような暑さと、やや膨張気味な胃袋で、だるくなりかけていた全身の細胞が目覚めるような旨さでした。 個人的な印象としては、胡瓜の臭いが強過ぎるのと、山葵は不要(女将はよく混ぜるよう勧められる)。 いずれにしても、冷しラーメンの頂点を見たような気がした。 ちなみにこのメニュー、夏季限定で9月頃までの提供だそうです。

個人的嗜好
※決して評価ではなく、馬鹿舌による嗜好であり、 あくまでもチラシの裏ですのであまり参考にされないようお願いします。 それでも参考にして行かれる方は自己責任で。もしくは私が思うより格段に旨く感じられる可能性もあります。

←前へ ホームへ 次へ→