×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ギャラリーズキッチン カワダ 四国遠征第九弾 高知編U 其の弐拾三

←prev. home next→






川のらーめん \880




山のらーめん \880



ギャラリーズキッチン カワダ
所在地:高知県高岡郡檮原町梼原1444-11 map
電話番号:0889-65-0322 050-8807-7172
営業時間:10:00-14:00 17:00-22:00
店休日:木曜日
駐車場:無
最寄駅:-
創  業:

<備忘録>
・(2012.12.**)
 「いごっそ」に並ぶ今回の筆頭宿題店。 朝、須崎方面からの道中、「梼原方面チェーン必要」の電光掲示。ノーマルタイヤだし…(激汗)。 こうなったら行けるところまで行ってみて、無理だったら引き返す。 路を進めるごとに雨から雪、景色の雪化粧も次第に濃くなっていき、 道路にも段々と積雪… 途中先に行かせたウザい暴走トラックに追いつく始末。 標高400mの「雲の上ホテル」付近がピークとなり、あとは減る一方ながら、店周囲は写真一枚目の降雪状況。

 「鶏そば」が気になるものの、初心貫徹「川のらーめん」「山のらーめん」を連食。 まずは「川」から。アメゴの煮干しから抽出したというスープは、川魚だけに塩分やエグみ・苦味がかなり控えめな、 じんわり穏やかな味わい。 醤油ダレは、塩ラーメンと勘違いしそうなくらいな薄口。 総じて、海とは異なる川らしさが如実に現れた一杯。アメゴの甘露煮も激ウマ。

 続いて「山」を実食。こちらは塩・醤油・味噌から選択可能なところ、醤油でチョイス。 こちらは「川」とは異なる濃い口醤油ダレが、鳥特有の出汁感へ相乗的に膨らみを持たせ、 尚且つ透明感ある味わい。 麺は「川」「山」同様、中細の凡庸タイプながら、こういう地方にしてはまだマシなほうか。 取り敢えず、地域色を反映させた個性的なラーメン。

 高知とはこれにてお別れ。「鶏そば」目当てで再訪必至。


←前へ ホームへ 次へ→