×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 萬里 本店 長野遠征第1弾 其の壱拾四

←prev. home next→












ラーメン \680





萬里 本店
所在地:長野県伊那市大字伊那坂下入舟町3308 map
電話番号:0265-72-3347
営業時間:11:00-14:00(L.O.13:30) 17:00-22:00(L.O.21:30)
店休日:月曜日
駐車場:無
最寄駅:JR飯田線 伊那市駅より徒歩5分400m
創  業:1955(昭和30)年

<備忘録>
・(2013.05.**)
 伊那市のソウルフード「ローメン」発祥と云われるお店。 ところでこれをラーメンサイトとして、もしくはラーメンの一つとして扱っていいものか。 答えはおそらくアウトであろうかと。 それにしても不思議なのは、「盛岡冷麺」「じゃじゃ麺」「チャンポン」「別府冷麺」「沖縄そば」等がラーメン枠で語られること。 厳密に考えれば、これら全てラーメンの範疇外だとは思いますが、「チャンポン」は追求すると面倒くさい(実は連食向けでない)。 それ以外はまあラーメンの範疇でええやないか、細かいことは抜きで行こうやと、まあなんともテキトー人間な自分です 。あんまり細かい事言うと、津軽ラーメンの一部にある無かんすい麺も、ラーメンであることを否定しなければなりますから。

 閑話休題。焼きそばみたいなものかとテキトー過ぎる予備知識。 実際にご対面してビックリ。これってモロ「台湾屋@柳井」やんけ。 具材構成だとか、特に麺だとか。これは発祥当時の保存環境の劣悪な戦後の時代。 それを克服するがための蒸し麺だとかなんとか。 それはともかく、なんとも言えぬ香ばしさある褐色太麺(台湾屋よりも細いし見た目も結構異なる)と、ポスポスとした空気含む食感。 正に「台湾屋@柳井」デジャブ。 大きな違いを述べるとすれば、こちらの方がソース由来と思しき甘みあるスープの味付け。 多数ある味変アイテムの中では、個人的にはニンニクとソースがツボ。 なかなかディープなお店でした。








←前へ ホームへ 次へ→