×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  宮崎遠征第一弾 其の壱拾五

←prev. home next→












支那そば醤油(半麺) \700




こく塩らぁめん(半麺) \800



自家製麺 縁らぁめん blog
所在地:〒889-1201 宮崎県児湯郡都農町大字川北(三ヶ月原)1140-65 map
電話番号:0983-25-2788
営業時間:11:00-15:00(LO14:30) 日曜のみ17:00-19:30
店休日:火曜日・水曜日
駐車場:有
最寄駅:JR都農駅より徒歩33分2.8km
創  業:2004年12月

<備忘録>
・(2012.11.**)
 遠征最終日。東京と横浜のラーメン店で修行した方が開業した、無化調・自家製麺のお店。 周囲は畑だらけの田舎風景。どうでも良い話ながら、この辺の土地って凄い肥沃なんだなあとか。 問題はこちらに向かうも、迷いやすいという。しっかり予習したつもりが、私も迷ってしまう始末。 この辺かなと目星つけたあたりに店舗が見当たらず焦る… 結局、地元の方に教えてもらってなんとか到達。しかし早すぎて開店30分以上前 。キーワードは【都農浄化槽管理センター】。

 11時に余裕のシャッター。人気店との噂も、この日はそれほどの混みようでもなかったが、 その後どうなったかは不明。 「支那そば醤油」と「こく塩らぁめん」をそれぞれ半麺で注文。

 まずは「支那そば醤油」から。澄み切ったというか軽めの出汁感でやや醤油ダレが勝ち気味なのは、半麺にした影響か? 店にもよるとは思うが、ハーフサイズにすると出汁:タレ比が変わる場合があるよう。

 続いて「こく塩らぁめん」を。これは鶏白湯タイプながら、かなりライトな部類。 鶏白湯と思うと物足りなさを感じるが、濁り気味の清湯と思えば、コク深い塩ラーメンとも捉えられる。 濃厚なのが全てではないので、これはこれでアリかなという結論。 麺は自家製全粒粉配合の中細麺で、前者・後者とも同じだと思うが、 何故だか後者での方が旨く感じるという不思議。

 取りあえず、再訪決定。次回はフルサイズで別メニューを。


←前へ ホームへ 次へ→